ゴログ テント生活しているwebライター

クラウドソーシングのwebライティングで生計を立てている、アウトドアフリーランス

たった2日と3か月の話

一年前の話です。
 
僕は会社員で
 
満員電車にも、
残業にも、
そして会社でのプレッシャーにも
疲れきっている時期でした。
 
 
「いますぐリュック一つで旅に出たい」と、毎日思っていました。
 
「会社への依存をやめたい。」
「人生の選択肢を増やしたい。」
「いつでもどこでも仕事ができるようになりたい。」
「学校に通い、就職するというレールに我慢ならない」
 
 
色々考えました。
でも、会社は辞められませんでした。
 
 
だって特にこれといったスキルはないから。
会社の外に出たら、お金を得られる自信がありませんでした。
 
ご飯を食べるお金は必要。
でも、最初の一歩目がわかりません。
 
それが昨年の僕でした。
 
 
昨年の夏、週末フリーランス養成講座というものを知りました。
 
たまたまです。
 
普段講座など全くいかない僕ですが、とりあえず安かったので参加することにしました。
たまたまその日に予定がなかったから、なんとなく。
 
 
講座の当日。
 
会場のある駅に向かう途中、電車の窓を見続けていました。
 
 
町を離れ
山を抜け
海が大きく開ける瞬間がありました

f:id:gohssk-s:20170314165001p:plain

 
 
なんとなく参加した僕ですが、良い予感だけはしました。
 
 
講座開始後、講師や、他のフリーランスの方が色々な仕事の方法を丁寧に教えてくれました。
 
サイト制作
LP作成
webでのコラム作成
 
果ては、不用品回収なんて方法も
 
 
正直、その働き方そのものはどれも、初めて知ったわけではありません。
ネットで見たことがありました。
 
稼いでいる人がいるのだって知っていました。
でも、まともに手を出して来ませんでした。
 
たぶん、「リアル」じゃなかったからです。
自分が本当にできる感じがいまいちしなくて、動けませんでした。
 
 
でもその日、実際にそれで仕事をしている人たちに出合いました。途端に「リアル」になりました。
 
講座で一緒に進めることで、一番大変な「最初の一歩」がスーッと終わりました。
自分ができる感じがしました。
 
 
一日目の夕方。

f:id:gohssk-s:20170314165127j:plain

 
お酒を片手に、綺麗な空気の中、会ったばかりの人と夢を語りました。
地元の友達には恥ずかしくて、間違っても言えないような話です。
 
そういうの恥ずかしくて苦手なんですが、すらすらと喋れました。
 
理由ははっきりとは言えませんが、「そういう空間」がありました。
 
 
 
2日目。
 
少し眠い目をこすりながら別の講座を受けました。
一番大変な「最初の一歩」がまた、 スーッと終わりました。
 
 
もう、これならできそうだと思いました。
 
 
その晩、手に入れたのがクラウドソーシングで記事を書いて得られた800円です。
 
 
 
800円
 
 
 
これが27年生きてきて、人生で初めて会社に頼らずに手に入れたお金でした。
 
 
そのまま、ラーメンを食べにいきました。いつものラーメン屋さんです。
なのに、人生で一番おいしいラーメン。
 
 
翌日、講座中に作ったサイトが売れました。
 
 
 
たった2,3日の出来事ですが、「こんなに色々な道があるんだ」と心から思えた瞬間です。
 
 
自信をもって1歩さえ歩ければ、あとはそのまま進むだけ。
 
僕の仕事を認めてくれて、何度も仕事依頼をしてくれるお客さんも何人か現れました。
それが自信になりました。
 
3か月後、目標としていた最低限の生活費12万円を稼ぐことができました。
 
翌日、会社に辞表を提出しました。
 
 
たった2日と3か月の話です。
 
 
たった2日でも、人生をは大きく変わるんです。
 
 
時間は経ち、安定して毎月生活費以上を得られるようになってきました。
仕事の数も調整できるようになってきました。
 
 
 
次は、自分がそんな機会作れたらなと思いました。
 
 
まだ会社卒業ほやほやです。
そんな自分だからこそ、伝えられることがきっとあるはず。
たった2日でも、人生を変えることができる。
 
 
そんなことをお伝えできる講座にしています。
 
 
詳細は以下です。
 
が、申し込まずとも「こんな働き方もあるんだ」と思ってもらえるだけでも、とっても嬉しいです。
 
 
***
 
初心者向け
・サイト制作入門
・クラウドソーシングを活用した、webライター入門
を学べる
【週末フリーランス養成講座】です▼